読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミスミソウ ネタバレ 漫画紹介(押切蓮介・精神崩壊ホラー)

押切蓮介の「ミスミソウ」がとても面白かったので、たくさんの人に紹介したいです

アフィリエイトの基本 <各話あらすじ>【目次】

ミスミソウ 第14話 あらすじネタバレ

ミスミソウ あらすじ ネタバレ 第14話 無料

 

【第14話】

 

 相場晄(あいばみつる)は春花を誘い出し、かつて写真撮影に訪れたスポットに向かった。

 

 綺麗な景色で春花を元気付けるつもりではあったが、降る雪に霞んでしまっていた。

 

 

 

 

 家族を失って以来、言葉を失った春花。

 

 学校でも別人のようになってしまっていた。

 

 

 

 

 晄は元の春花に会いたかったのだ。

 

 春花を想う気持ちをまっすぐに伝えた。

 

 

 

 

 「野咲に会いたかった……!」 

 

 

 

 

 晄の優しさに触れ、春花の凍りついた心が溶けかかった。

 

 しかし、その瞬間、押さえ込んでいた感情も一緒に溶け出した。

 

 

 

 

 クラスメイトを6人も殺害した事実。

 

 炎に包まれる家族。

 

 悲しげに涙する妹・祥子の姿。

 

 

 

 

 押し寄せる感情の大波に、春花は涙をこらえ切れなかった。

 

 嗚咽が漏れる春花に対し、晄はともに苦しみを乗り越えることを誓った。

 

 

 

 「俺がおまえを支える」

 

 

 

 春花と晄は、降りしきる雪の中で唇を重ねた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 佐山流美(さやまるみ)は、何度も何度も、小黒妙子(おぐろたえこ)の携帯をコールしていた。

 

 しつこさに耐えかねた妙子が、ようやく電話に出た。

 

 

 

 春花が放火に関わった人間を殺していること、自分も殺されるかもしれないこと、妙子も殺されるかもしれないこと。

 

 思いつく限りの恐怖と不安をぶつけた。

 

 

 

 流美のざわつく心とは裏腹に、妙子の心は冷酷なまでに冷静だった。

 

 

 

 「お前が殺されても自業自得。

  私は殺されるようなことはしていない」

 

 

 

 事実、妙子は放火には関わっていなかった。

 

 電話は無情に切れた。

 

 

 

 ふざけるなよ……!

 

 誰のために(放火を)やったと思ってるんだ。

 

 

 

 

 流美の中で、どす黒い感情が沸き起こった。

 

 

 

eBookJapanでミスミソウを無料で試し読みする!