読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミスミソウ ネタバレ 漫画紹介(押切蓮介・精神崩壊ホラー)

押切蓮介の「ミスミソウ」がとても面白かったので、たくさんの人に紹介したいです

アフィリエイトの基本 <各話あらすじ>【目次】

ミスミソウ 第12話 あらすじネタバレ

ミスミソウ あらすじ ネタバレ 第12話

 

【第12話】

 

 春花の担任、南京子(みなみきょうこ)は過去にいじめに遭っていた。

 

 教師となった今もその時のトラウマから逃れられずにいた。

 

 

 

 京子は警察に呼び出された。

 

 警察署では、行方不明になった久賀秀利(くがひでとし)の両親が待っていた。

 

 秀利は春花に襲撃され、このときすでに古井戸の中で絶命していた。

 

 

 

 

 秀利の両親は狼狽し、京子に行き先の心当たりはないかを問い詰めた。

 

 一方の京子は、秀利の素行を非難した。

 

 秀利のような問題児が数日帰らないことは珍しくない。

 

 京子は悪びれることもなく、言ってのけた。

 

 

 

 秀利の両親は激怒するが、京子は意に介さない。

 

 京子の心は歪んでいた。

 

 担当のクラスの生徒たちが、かつて自分をいじめたクラスメイトと重なり、心の底から嫌悪していたのだ。

 

 

 

 

 

 

 春花は病院に着いたものの、祥子を見舞わずに帰った。

 

 途中の雑木林で、真宮裕明(まみやひろあき)と池川努(いけがわつとむ)を返り討ちにした直後だったからだ。

 

 

 

 泥だらけの春花を心配する祖父。

 

 春花に入浴を奨め、その間に汚れた服を洗濯した。

 

 その途中で、春花の服に赤黒いシミを見つける。

 

 

 祖父は不穏な空気を感じた。  

 

 

 

eBookJapanでミスミソウを無料で試し読みする!