読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミスミソウ ネタバレ 漫画紹介(押切蓮介・精神崩壊ホラー)

押切蓮介の「ミスミソウ」がとても面白かったので、たくさんの人に紹介したいです

アフィリエイトの基本 <各話あらすじ>【目次】

ミスミソウ 第9話 あらすじネタバレ

 

【第9話】

 

  小黒妙子(おぐろたえこ)には美容師の夢があった。

 

 東京の専門学校に行きたかったが、家族はそれを許さなかった。

 

 

 

 

 佐山流美(さやまるみ)は不安の中にいた。

 

 野咲春花(のざきはるか)を追い詰めたあの日、校内放送の呼び出しから戻ると、そこには誰もいなかった。

 

 一緒にいたはずの橘吉絵(たちばなよしえ)、三島ゆり(みしまゆり)、加藤理佐子(かとうりさこ)にも連絡がつかない。

 

 

 いったい何が起こったのか。

 

 

 翌日学校で、放火に関わったいじめグループの面々とその話をした。

 

 

 まさか野咲が……?

 

 

 春花への疑念が浮かぶ。

 

 そのとき、学校に警察が来ていることに気づいた。

 

 行方不明の吉絵たちの件で捜査に来ていたのだが、放火の後ろ暗さから、いじめグループの面々に緊張が走った。

 

 

 

 

 久賀秀利(くがひでとし)は妙子に思いを寄せていた。

 

 しかし妙子の態度は素っ気なく、秀利は相手にされなかった。

 

 

 秀利は放火にも関わっていた。

 

 関わっていたどころではない。

 

 

 

 春花の母親に火を放った張本人である。

 

 

 

 一人で下校する秀利。

 

 秀利は、降りしきる雪の向こうに人影を見た。

 

 

 

 春花だった。

 

 

 

 秀利は恐怖した。

 

 何を言っても、春花は答えない。

 

 苛立ち、春花を突き飛ばした。

 

 

 「俺に何の用があるん……っ!?」

 

 

 腹部に激痛が走った。

 

 

 血が滲んでいる。

 

 間髪入れずに頬を深く切り裂かれた。

 

 

 春花の手に包丁が握られている。

 

 その目は深く澱んでいた。

 

 

 

 逃げる秀利。

 

 春花は静かに追いすがる。

 

 

 

 あまりの恐怖で秀利は助けを求めながら走った。

 

 しかし、頬を切られ、上手く声が出せない。

 

 

 

 やがて秀利は雪に隠れた古井戸に落下してしまう。

 

 見上げると、そこに自分を見下ろす春花の影が見えた。

 

 

 

 

 春花はすでに殺害した理佐子から、母に直接手を下したのが秀利だと聞き出していたのだ。

 

 

 

eBookJapanでミスミソウを無料で試し読みする!