読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミスミソウ ネタバレ 漫画紹介(押切蓮介・精神崩壊ホラー)

押切蓮介の「ミスミソウ」がとても面白かったので、たくさんの人に紹介したいです

アフィリエイトの基本 <各話あらすじ>【目次】

ミスミソウ 第10話 あらすじネタバレ

ミスミソウ あらすじ ネタバレ 第10話

 

【第10話】

 

 久賀秀利(くがひでとし)は古井戸の中でうずくまっていた。

 

 秀利を追っていた春花は、諦めて立ち去った。 

 

 刺された腹部と切られた頬がズキズキと痛む。

 

 雪は古井戸の中にも容赦なく降り付ける。

 

 

 

 このまま誰にも見つけてもらえなかったら……!

 

 

 

 痛む頬に苦しみながら助けを呼ぶ。

 

 しかし、深い雪がそれを非情にかき消した。

 

 

 

 

 

 

 

 その頃、春花の住まいを相場晄(あいばひかる)が訪ねる。

 

 春花は帰宅して早々に床に伏しており、代わりに祖父が応対した。

 

 春花の祖父は、春を待って、春花たちと東京に戻ることを告げた。

 

 

 

 「相場くん、卒業まで春花を頼む」

 

 

 

 晄は静かに頷いた。

 

 

 

 

 

 

 夜になり、佐山流美(さやまるみ)に一本の電話が入る。

 

 真宮裕明(まみやひろあき)からだった。

 

 裕明も放火事件に関わった一人だ。

 

 裕明は、秀利が失踪した旨を伝え、それが春花の仕業だと推理した。

 

 

 裕明は自分も標的になることも想定していた。

 

 そして同じく放火に関わった池川努(いけがわつとむ)とともに、春花を迎え撃つ準備を進めていたのだ。

 

 

 

 春花は復讐の鬼だ。

 鬼退治してやる。

 

 

 

 

 

 

 

 日が落ち、暗闇となった古井戸の中で、秀利は小黒妙子(おぐろたえこ)を想った。

 

 春花が来なければ妙子との関係は悪くならなかった。

 

 

 

 春花が来なければ……!

 

 

 

 絶望の中で、秀利は命を落とした。

 

 

 

 

eBookJapanでミスミソウを無料で試し読みする!