読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミスミソウ ネタバレ 漫画紹介(押切蓮介・精神崩壊ホラー)

押切蓮介の「ミスミソウ」がとても面白かったので、たくさんの人に紹介したいです

アフィリエイトの基本 <各話あらすじ>【目次】

ミスミソウ 第13話 あらすじネタバレ

ミスミソウ あらすじ ネタバレ 第13話

 

【第13話】

 

 佐山流美(さやまるみ)は確かめずにはいられなかった。

 

 学校裏の廃材置き場で春花に自殺を迫ったあの日以来、放火に関わったクラスメイトが6人も姿を消した。

 

 そのうちの1人、真宮裕明(まみやひろあき)は、放火で家族を殺された春花が復讐をしていると推理していた。

 

 

 だとすれば、放火首謀者の

 自分は、確実に狙われる。

 

 

 しかし、心のどかではまだ「まさか」という気持ちがあった。

 

 確かめずにはいられなかった。

 

 

 

 

 流美は、廃材置き場にやってきた。

 

 ここ数日で降った雪が積もり、辺りは新雪で覆われていた。 

 

 流美は雪を退け、廃材を一つ一つどかしていった。

 

 

 

 

 大きなビニルシートをどかしたとき、流美は真実を確信した。

 

 言葉にならない悲鳴をあげる。

 

 

 

 

 シートの下には3体の遺体が転がっていた。

 

 

 

 

 損傷が激しく変わり果てていたが、間違いなく行方不明になっている橘吉絵(たちばなよしえ)、三島ゆり(みしまゆり)、加藤理佐子(かとうりさこ)だった。

 

 警察に通報しようとしたが、放火の件が明るみに出ることを恐れ、通報できなかった。

 

 

 

 

 家に帰った流美は、寝床に潜り、恐怖に震えた。

 

 その間、何かにすがるように、小黒妙子(おぐろたえこ)の番号をコールし続けていた。

 

  

 

eBookJapanでミスミソウを無料で試し読みする!