ミスミソウ ネタバレ 漫画紹介(押切蓮介・精神崩壊ホラー)

押切蓮介の「ミスミソウ」がとても面白かったので、たくさんの人に紹介したいです

アフィリエイトの基本 <各話あらすじ>【目次】

ミスミソウ 第3話 あらすじネタバレ

 

 

【第3話】

 

 春花は風邪を引き、学校を休んだ。

 

 だが、眠っていても気は休まらない。

 

 春花はいじめの悪夢にうなされていた。

 

 

 

 数日間を療養に充て、春花は体調を取り戻した。

 

 妹の祥子と散歩に出ていた春花は相場晄(あいばひかる)と出会う。

 

 晄は写真が趣味で、自前のカメラで春花と祥子の写真を撮った。

 

 晄は趣味として「カメラ」を春花に勧めた。

 

 春花は父にカメラを借り、晄と写真を撮ることを楽しみにしていた。

 

 

 

 

 

 

 学校では春花が休んだことで、いじめの標的がいなくなった。

 

 しかし、一度始まったいじめの連鎖はそうそう消えるものではない。

 

 新たな標的を作り、いじめは続く。

 

 

 

 春花が転校してくるまで、いじめの標的は佐山流美(さやまるみ)だった。

 

 春花が学校に来ないことで、再び標的にされたのだった。

 

 

 野咲春花を学校に連れて来い。

 できなければ、またおまえが標的だ。

 

 

 そう脅され、流美は春花の ”見舞い" に赴く。

 

 春花が来なければ、再び学校は地獄と化す。

 

 流美は必死だった。

 

 

 流美の説得(?)の甲斐なく、翌日も春花は登校しなかった。

 

 

 数日学校から離れ、春花は1つの決断をしていたのだ。

 

 

 

 「私はもう学校へは行かない」

 

 

 

 こうして 流美の地獄は再来した。

 

 

 

 

eBookJapanでミスミソウを無料で試し読みする!