読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミスミソウ ネタバレ 漫画紹介(押切蓮介・精神崩壊ホラー)

押切蓮介の「ミスミソウ」がとても面白かったので、たくさんの人に紹介したいです

アフィリエイトの基本 <各話あらすじ>【目次】

ミスミソウ 第6話 あらすじネタバレ

ミスミソウ あらすじ ネタバレ 第6話

 

 【第6話】

 
 春花をいじめていた者たちが集まって密談をしていた。
 
 少年たちは、その数日前におぞましい事件を引き起こしていた。
 
 
 
 
 
 春花の家への放火である。
 
 
 
 
 
 放火の首謀者は、春花の前にいじめの標的にされていた佐山流美(さやまるみ)。
 
 春花と相場晄(あいばひかる)が撮影散策に出かけたあの日、流美はクラスメイト数名と、野咲家に対し凶行に及んだのだった。
 
 
 
 
 
 

 火事から数日、春花は祖父と小さなアパートで暮らしていた。

 
 火事を境に、春花はショックで声を失っていた。
 
 もはや登校するつもりがなかった春花だったが、火事の後、再び登校を始める。
 
 
 
 
 クラスメイトたちも訝しがった。
 
 
 
 いったい、何のつもりだ?
 
 
 
 流美は再び登校してきた春花が気に入らなかった。
 
 流美はあえて春花を挑発する。
 
 
 
 「バーベキューの焼き具合はどうだった?」
 
 
 
 声を失った春花は答えなかった。
 
 その代わり、地獄の底を映したような目で流美を見返した。
 
 流美はその目に恐怖し、思った。
 
 
 
 「野咲は…全部知ってる……!」
 
 
 
 
 

eBookJapanでミスミソウを無料で試し読みする!